BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

無理してやってる人は沢山いるのかも。

と言うのは、ヨガのクラスに出ている生徒さんの事です。

体が硬くて、という理由ではなくて、もう続けて通われている人で体が硬いわけでもなく普通に(と言ったら変かもしれませんが)ヨガが出来ている方です。

そんな方が、今日「ダウンドック(分からない方は調べて見てくださいね)をやるといつも肩や首が張るの。」と初めて言いました。もちろん、クラス前に体が痛い方はいますか?と皆さんの声を聞きながら始めていますがそれ以外に、自分のなんらかの痛みや違和感と言うのは隠してしまうのではないか?と思います

それは、動ける人ほど余計に。これは言うほどでもないかな?と考えてしまったり、そこに何かが引っかかるので言えなかったり。それは、インストラクターが生徒さんを見て〘 力みを感じられる〙時は声をかけさせていただいたり、触らせていただきますが

ポーズひとつひとつ「力を抜きましょうね~!」とイ言われたって、緊張は意識すればするほど高まる場合もあります。

~しなければいけない。わけではないので、自分でチョイスできる環境をもう少し作っていきたいと思います。無理をする事ではなく、甘える事でもなく、「このぐらいだな?」とよい加減が出来る環境です。

例えば、みんな誰もが胸を開けばきもちい!訳ではないと思います。上を見たら辛い人だっています。みんながみんな前向きで在らなければならないことはないと思うんです。なので、自分の〘丁度いい 〙を見つけてほしいです。

そして、ヨガをすると気付きがあります。気づくから対策を練ったりできます。次はこうしよう!と調節をしてみるといいですし、何か私生活でもクセがあるはずです。まずそれに気付いてほしいです。私は、みなさんが生活に生かせるような情報もお土産として持たせられるようなレッスンをしていきますね。

どうか、心配な事は言ってくださいね。みなさんが安全にヨガを出来るように、いい塩梅の指導をしていきます。(指導言葉が多い喋りすぎる先生にはならないように。)お待ちしております。

RESERVE ご予約

年齢・性別・経験を問わず楽しめる畳ヨガ!
おひとりさまはもちろん、ご夫婦やご友人と一緒でのご参加も大歓迎です。